柏崎市の紹介

和文(ひらがな)カラーロゴマーク
柏崎市は、新潟県のほぼ中央に位置し、日本海に面した人口約9万人弱の地方都市です。日本海に面した42kmに及ぶ長い海岸線と米山、黒姫山、八石山を有し、恵まれた自然や景観などに育まれたまちです。
※柏崎市公式ホームページはこちらをご覧ください。
「海の柏崎 絶景を飛ぶ(ドローン空撮)」も併せてご覧ください。

【ものづくりの歴史】

歴史を遡れば、日本で初めて本格的な石油精製が始まった柏崎では、それに関連する掘削部品やバブルに端を発し、切削加工、製缶、メッキ、鋳・鍛造、プレス、金型などのものづくりにける基盤技術を有する企業が約400社集積しており、我が国の自動車産業、電気産業、機械産業等の発展を背景として成長を続け、中でも自動車産業の発展と結びついた一般機械器具成長は著しく、本市の製造業の中核となっております。

 

【ものづくり産業の支援策について】

本市におけるものづくり産業の高度技術化並びに研究開発促進などを目的に、柏崎市、柏崎商工会議所及び地元企業等で「柏崎技術開発振興協会」を組織し、次のような施策を展開しています。

「相談員制度」・・・知財相談・販路開拓・製品企画・組織マネジメントなど幅広い分野の個別課題に応じた専門アドバイザーを派遣し、解決のための支援をします。

「ものづくりチャレンジ事業」・・・製品開発や高付加価値化、生産効率の向上など新たな事業展開にチャレンジする企業に対し助成を行います(内容により1件あたり50万円から300万円を限度)。

「人材育成事業(ものづくりマイスター・カレッジ)」・・・ものづくりを担う若手技能者の養成を目的に、熟練技能者による実技指導と大学等の教員による座学指導により、技術・技能のスキルアップを図ります。また、企業からのニーズによるオーダー研修も実施しています。

「産学連携推進事業」・・・新潟工科大学地域産学交流センターとの定期的な情報共有を図るとともに、大学と企業間の相互理解を深めながら、雇用促進にもつなげていきます。また、産学研究グループを結成し、テーマを定め、研究課題の深堀りなどを進めながら共同研究へ向けた連携のきっかけづくりを行っています。

「若手人材育成事業」・・・全国の工業集積地域の若手企業人を中心とした交流を促進し、地域間の連携協会、参加者のスキルアップを図ります。また、「柏崎青年工業クラブ」と連携しながら、若手経営者、幹部社員の人材育成を図ります。加えて、次代を担う中高生や子どもたちへのものづくり啓発を目的とし、柏崎工業高校インターンシップ事業への支援や小学生ロボット工作クラブ、ものづくり工作教室、中学生の職場体験学習の支援をしています。

「受注開拓支援事業」・・・新たな販路開拓・受注開拓を促進するため、地元製造事業者との共同出展により首都圏の見本市出展を行うとともに、個別に見本市へ出展する事業所に対し、会場借上費やブース装飾費等に対して助成を行います(上限50万円)。

※柏崎技術開発振興協会ホームページはこちらをご覧ください。

 

【柏崎市のものづくり企業のご紹介】

柏崎市のものづくりを支えている中核企業をこちらでご紹介しています。
素晴らしい技術力と提案力を備えた各企業をぜひご覧ください。
cmn_guidebook

【お問い合わせ】
「柏崎市ものづくり活性化センター」へ!
電話:0257-32-2042
メール:center@mvc-kashiwazaki.jp


コメントは受け付けていません。